たっぷりクレマの本格エスプレッソを気軽に作れる
直火・IH対応エスプレッソメーカー

たっぷりクレマの本格エスプレッソを気軽に作れる直火・IH対応エスプレッソメーカー

美味しいエスプレッソをアウトドアでも。

クレマとは最上層に出来る深い味と香りからなる濃密なクリームのような泡のことで、美味しいエスプレッソを飲むうえで欠かせない存在です。
そんなクリーミーなクレマたっぷりの美味しいエスプレッソを
アウトドアで、しかも気軽に淹れることができたら最高ですよね。
それを叶えるのが、このエスプレッソメーカー。
ご家庭のガスコンロやIHクッキングヒーターで使用でき、通常のモカポットタイプのエスプレッソメーカーよりもフィルターにかかる圧力が高いので、クリーミーなクレマたっぷりの美味しいエスプレッソを淹れることができるんです。
 

よくあるモカポッドタイプではクレマはでない。

写真のようなモカポットと呼ばれる直火式のエスプレッソメーカーを目にした事はありますか?
このモカポットタイプでは3気圧までの圧力しかかける事が出来ない為、クレマが出てこないんです。
 
「たっぷりクレマの本格エスプレッソメーカー」は5気圧の圧力が加わり、より一層美味しいエスプレッソが抽出できます。 

直火式で悩ましい2杯目がすぐにできる

2杯目がすぐに出来る? 当たり前じゃないの?って思いますよね。
直火式のエスプレッソメーカーって実はコーヒー豆を入れる場所が一番下。
直接火にあたる場所に入れるんですね。
なので、2杯目を入れる時は冷めてからじゃないと熱くてさわれないんです。
 
これを解消してくれるのがこのエスプレッソメーカー
カフェでよく見かける方式で、豆を入れる場所が別になっているので2杯目もすぐに入れられるんですね。
 
これでお友達が何人来ても大丈夫。
直火式では嬉しい機能ですね。


豆をざっと入れましょう。
豆の挽き方にちょっとしたポイントがあって
エスプレッソ用ではなくて、レギュラーコーヒーよりも少し粗め、中挽きでオーダーしてください。
エスプレッソ用の細かい挽きだと、目詰まりしちゃう事があるんです。
 
カルディーさんだと6番くらいの挽き方がちょうどよかったです。

豆を入れたら、かる〜く 「ポンッ ポンッ」で押さえてあげてください。
他のエスプレソマシーンのように「ギュ〜ッ」って押さえつけないようにしてくださいね。
ダンピングっていうんですが、これを強くやってしまうと目詰まりの原因になっちゃうんです。
かる〜く かる〜く。です。





手でさら〜っとすりきってくださいね。
そんなにシビアにならず、さらっとやって大丈夫です
 

こんな感じでバッチリです。
画像はわかりやすく下に溢れてもいいように、バットの上でやりましたがご家庭では珈琲豆の入った袋の中でやった方が溢れなくて良いかもですね。

アウトドアだからこそ、こだわりたい。


キャンプの時のコーヒーは格別。
最近では豆を引いてドリップする方も増えてきましたが、エスプレッソマシン、特にこの直火タイプでクレマがでるタイプを持っている方は少ないはず。
 
みんなに美味しいエスプレッソを振舞えます。
そして、インスタ映えもばっちり。
 

キャンプサイトでもこんな感じに映えます。
そして、火力の安定しているガスバナーなどで加熱をします。
このエスプレッソメーカーとガスバーナーの組み合わせがまたカッコいい。
 

本格的なクレマが楽しめる

直火なのに、ここまでクレマが出るか!っていうくらい良い感じにクレマがでますよー。
このクレマが自宅で出てくるとちょっとテンション上がります♪
 

+++ ちょっと注意したい事 +++
このコーヒーを抽出している時、エスプレッソマシーンとカップの距離が空きすぎていると周りに飛び散る事があります。なので、見た目はエスプレッソカップの方がかっこいいんですが、跳ねるのが気になる!っていう方はちょっと背の高めのカップがあると良いですよ。
あっ。ただ、下が直火で熱くなるので耐熱の物を使ってくださいね!

※ご購入前にご確認下さい!

※こちらの商品はイタリアから上記の箱のまま送られてきます。その為、外箱に傷が付いていたり、破れていたりする事がございます。予めご了承の上ご購入をお願い致します。


※本商品は1点1点、職人の手作りなので、製造上の傷が見られる場合がございますが、本製品の特性としてご理解の上、ご購入下さい。